カードローンの概要とは

個人の信用を重視して個人向けの無担保融資の1つにカードローンがあります。カードローンは担保を付けないで融資を行うために申し込みにおいては個人情報が重要な位置を占めており、それは、カードローン審査において判断されることになります。

一般的に利用されているローンには、目的が初めから定められている目的ローンと、利用するにあたって資金使途が定められていないローンがあり、カードローンは後者である部類に属しています。通常、フリーローンとも呼ばれており使い道としては自由であるために、例えば、旅行で使用したり、また、より条件の良いローンへの借換などにも利用することができます。

また、カードローンは期限内であれば何度でも借りたり返したりができるために利便性が高く、その反面、しっかりと取引情報を管理していない場合などでは、詳細の内容を判断できなくなる場合もあり注意が必要となります。

返却方法は、基本的には残高スライド定額リボルビングによる方法が用いられており、これは、利用残高に応じて毎月利用者が返却を行うことができる金額を定め返済を行う方法となっています。つまり、毎月の返済を続けている限りは、限度内であれば何度でも出し入れすることができるということを意味します。そのために借入に関しての把握は重要な内容となります。

 

カードローン審査の内容について

カードローンを利用する場合にはそれぞれの金融会社が設けている審査基準を通過する必要があります。カードローン審査は、大きく、年齢や就業情報、また居住などに関する基本的な内容と、返却に大きく関係がする内容との2つに分けることができます。

カードローン審査における基本的な内容とは属性によって判断されており、ここでは他の金融会社などでも一般的に行われている内容となります。

それは、年齢、職業、年収、家族構成や居住形態などからなり、他にも勤続年数や加入保険内容などが判断項目として掲げられています。通常、基本的な内容はコンピューターを使用して行われ、各金融業者はデータを入力することによって客観的に判断を行うことになります。

カードローン審査では属性に関して、それぞれの金融業者によっても判断ラインに若干の違いがあることも多く、例えば、年齢に関して、一般的には20~30歳代を中心として高評価となりますが、条件によって60歳を過ぎた場合でも対象となることもあります。

また、職業に関しても公務員などが評価として高くカードローン審査は通過しやすくなりますが、年収などから判断して属性が高いなどでは職業には関係なく有利になることもあります。

 

カードローン審査に重要となる延滞との関連性

カードローン審査では、基本的な内容による判断と、返却等に関係のある内容に関して審査が行われることになりますが、最も重要視されるのが後者の返却に関しての内容となります。ここでは、これまでの金融機関との取引、また、他にも商品等を購入するにあたってのローン等の返済状況などが確認され、延滞などがある場合には審査においても大きなマイナス要因となります。

主な内容としては、他社からの借入状況、金融業者等との取引に関しての内容、そして延滞などの事故歴に関して審査がされることになり、まず、延滞などの事故歴がある場合には審査が通る可能性は非常に低いものとなります。また、この場合、債務整理や自己破産といった事実がある場合には審査を通すのは不可能となります。
カードローン審査においてはそれぞれの金融業者は個人信用情報機関から情報を入手します。入手に関しては消費者金融系、銀行系によってに入手先が異なりますが、概ね、その内容は同様なものとなっており、業者においては複数から情報を入手をしています。

そのために、例えば虚偽内容で申し込みをしても確実に発覚し、融資を受けることはできなくなります。個人信用情報機関には、個人の過去情報が5年かに渡って記載がされており、それは、申込を行うだけでも情報が登録されることを認識しておく必要があります。

カードローン審査を受ける前に考慮が必要な内容とは

カードローンの申込を行う場合には、まず、事前に自分の借入等に関する内容を把握することが大切なことになります。多くの金融業者は、申込者の個人情報を個人信用情報機関から入手をしています。現在、日本には機関としては3つがありますが、それぞれの機関は個人でも利用することができます。

これらを利用して情報を入手することは、現時点での内容を把握することができ、また、過去において自分が忘れてしまった延滞などの内容に関しても確認することができます。特に、複数の金融業者や頻繁に借入返却を行っている場合などでは、多くの人は一回程度の延滞などは把握していない場合も多く、ここでの内容を確認することよって申込をする上においても判断材料とすることができます。
カードローンは他の借入と同様に、初めて申込を行なう場合においても十分な確認が必要となります。それは、商品のローンなどの返済延滞に関してです。多くの人は実際にお金が動く取引と商品が動く場合とを分けて判断することがあります。

しかし、金融業者ではどちらにおいても遅れた場合には延滞としてカウントをしており、特に商品等に関しては借金が品物に変わってるという認識が重要です。大きな商品でのローンでなくとも、一般的に料金と一緒に支払いが行われている携帯電話やスマホなどもその対象となるために、延滞には十分な注意が必要となります。